爪のお手入れ方法

爪の健康に、気を使っていますか? ただ飾りをつけてキレイにするだけでなく、爪自体の状態に気を使って、普段から爪をお手入れしましょう。

その1 乾燥を防ぎ、丈夫で健康な爪を目指しましょう

爪も乾燥するもの。お肌と同じように、水分を補給して乾燥を防ぐ必要があるのです。
そのためには、爪用のオイルを使うと良いでしょう。できれば毎日、爪に塗って保湿。積めようのオイルを塗っておけば、ささくれもできにくくなるといいます。ほのかに香るオイルも多いので、気分的にも爽快。

その2 爪切り?ヤスリ? 爪を滑らかに整えよう

爪切りを使うのは、ひび割れを起こすなど、あまり良くない影響を与える可能性もあります。爪をキレイに保ちたい人はヤスリを使用しています。ヤスリの種類によってはなかなか削れずイライラしてしまうことも。材質や形状にこだわって選んでみましょう。オイルを事前に塗っておくと、さらに爪の保護になって良いです。凸凹があると、割れたり折れたりする原因にもなるので、滑らかに整えるようにしましょう。

その3 爪の黄ばみ対策! 原因は何?

爪の黄ばみの原因としては、ネイルカラーの色素沈着、除光液の使いすぎ、喫煙などが挙げられます。トップコートだけでなく、ネイルカラーの前にはきちんとベースコートを塗り、除光液をむやみやたらと使うのをやめましょう。

> ページトップへ