ハンドケア方法

ネイルがいくらきれいでも、手がボロボロだと何だか残念です。ここではハンドケアの基本や、普段の注意事項を確認しておきましょう。おすすめのハンドケアグッズも紹介します。

水仕事の後には水分をふきとる or ゴム手袋をはめる!

ひび割れを起こさないように、食器洗いや手洗いするときはゴム手袋をはめて行うと良いです。
ゴム手袋なんて面倒くさい……、という人は、水仕事の後に必ず水分をしっかりふき取ることが大事。水分をとらないと、皮膚の水分が奪い取られ、乾燥の原因になります。

アロマオイルやハンドクリームを使おう

ハンドクリームは、乾燥しがちな肌に潤いを与えます。手にとりやすいところに置いておき、こまめ利用するようにしましょう。外出用のハンドクリームもあるといいですね。

ハンドクリームの種類について
ハンドクリーム、ハンドジェル、ハンドローションなど、ハンドケアグッズには色々なタイプがあります。 また商品それぞれが、水分補給してくれるもの、尿素を配合したもの、マッサージ効果のあるもの、香りのついたもの、紫外線を防ぐものなど、色々な特長を持っているので、目的+付加価値十分なハンドケアグッズを選びましょう。

【使い方は?】
軽くマッサージするように、手の平、手の甲、指の間まで丁寧に塗ってあげましょう。

ハンドソープの種類について
殺菌成分や抗菌成分が含まれているのが薬用ハンドソープ。フレッシュな香り付きのアロマソープもあります。泡立てる必要のない泡ハンドソープも人気です。

【使い方は?】
手を先に濡らしてから、適量を手に取り、30秒程度泡立てながら使用しましょう。

おすすめ! ハンドケアグッズ 

> ページトップへ